FIRE達成後は「住民税非課税世帯」に!優遇措置を知ろう

FIRE学習会
Cartoon fire flame isolated on white background. Fire flame icon. 3D rendering with clipping path

おはよーさんです! t_tです ٩( ”ω” )و
今日も1日、お疲れもん🍋

今日はコレ、FIRE達成後は「住民税非課税世帯」に!という話題です。

t_t
t_t

もっと早く話題にすべきだったね…(*ノωノ)

証券口座が「特定口座〈源泉徴収あり〉」の状態でFat FIREを達成すると、

所得がゼロとなるため、下記のメリット・デメリットが発生します。

〈Fat FIREとは:【(最新)FIREの種類】
〈関連リンク:【①配当所得を0円に(申告上)】

  • デメリット:所得控除の恩恵を一切受けられない
  • メリット :「住民税非課税世帯」の恩恵を受ける事が出来る
t_t
t_t

確定申告上の課税所得が一定以下であれば、

「住民税非課税世帯」になるんだ。

今日は、メリットである「住民税非課税世帯」の恩恵について、

毎度シンプルに学んでいきましょう٩( ”ω” )و

 

スポンサーリンク

【本記事の対象者】

  • 低所得世帯
  • FIREを目指(そうと)している方

 

既婚者の方は、下記リンクも参考にしてみて下さい。

【パートの妻が夫を扶養?】フルFIRE達成夫婦の節税方法
フルFIRE達成夫婦(世帯)の節税方法を、考えてみた。 ※FIREに関係無く利用できる記事とした。

 

【前提】

本記事では、全て私の市町村を例としてご紹介します

 

 

「住民税非課税世帯」への優遇措置は、下記の2種類が有ります。

  • 全国共通の優遇制度
  • 各市町村の優遇制度

そのため、皆さん自身の市町村に必ず確認しましょう٩( ”ω” )و

 

「住民税非課税世帯」となる条件

先ずは、住民税非課税世帯となるための条件です。

「住民税非課税世帯」とは、世帯全員が下表を満たす世帯です。
(全員が住民税0円)

住民税非課税の所得要件
扶養親族が
居ない場合
前年の合計所得金額
42万円
以下の場合
扶養親族が
居る場合
前年の合計所得金額
(扶養親族数+1)×32万円+28.9万円
以下の場合
住民税非課税の所得要件(t_tの市町村の場合)

※合計所得金額:繰越控除・所得控除を行う前の所得の合計値
〈関連リンク:総所得金額、合計所得金額、総所得金額等はどう違うのですか

t_t
t_t

金融所得以外無ければ、

FIRE達成者も合計所得はゼロになるよ。

住民税非課税世帯の例

本人(給与所得150万円)、配偶者(主婦)、子1人、父(70歳)、母(64歳)の世帯を例に、

上表の条件に当てはまるか、各々確認しましょう。

  • 本人:150万円(給与所得)-55万円(給与所得控除) < (4+1)×32万円+28.9万円
  • 配偶者:0円(所得) < 42万円
  • 子:0円(所得) < 42万円
  • 父:150万円(年金収入)-110万円(65歳以上の公的年金控除) < 42万円
  • 母:80万円(年金収入)-60万円(65歳未満の公的年金控除) < 42万円

〈※関連リンク(給与所得控除):No.1410 給与所得控除|国税庁
〈※関連リンク(公的年金等控除):No.1600 公的年金等の課税関係|国税庁

この場合は世帯全員が当てはまり、「住民税非課税世帯」となる訳です。

 

【結論】

回答:様々な優遇措置が有り、活用すべし!

「住民税非課税世帯」には、下記などの様々な優遇措置が有ったりします。

是非、活用していきましょう٩( ”ω” )و

 

教育関係の支援

「住民税非課税世帯」への教育関係の支援です。

5歳までの子供の保育園・幼稚園などが無料

  • 子供(0~5歳)の保育料が無料
    ※児童を家庭で保育できない場合に限る。
  • 子供(3~5歳)の幼稚教育が無料

※尚、住民税非課税世帯に関わらず無料の場合も有ります。

 

小中学生の子供への就学援助制度

小中学生の子供に対し、下記の費用を市町村から補助して貰えます。

  • 小学生:月1.3万円程度の補助(毎年変動)
  • 中学生:月2.5万円程度の補助(毎年変動)

また、その補助金の中身は下記になります。

【学用品費、通学用品費、遠足や宿泊共同学習費、修学旅行費、学校給食費、医療費、…他】

 

文部科学省の調査(関連リンク:子供の学習費調査の結果)によると、

平均の学費は下記の通りです。(平成30年度版)

  • 公立小学校:約32万円/年(約2.7万円/月)
  • 公立中学校:約49万円/年(約4.1万円/月)

 

よって、公立の小中学校であれば、

学費の半分程度を補助して貰えるイメージですね。

 

高校生の子供への奨学給付金

高校生の子供に対して下記3種類の優遇措置があり、

そのうち奨学給付金は、「住民税非課税世帯」のみに給付されます。

  • 高校授業料の無償化
  • 入学金支援(主に私立の初年度のみ)
  • 奨学給付金(住民税非課税世帯のみ)

給付額の解り易い記事が有りましたので、下記リンクを参考にしてみて下さい。
〈関連リンク:■高校でかかる費用のまとめと準備方法

 

私の地域で貰える金額は、概ね下記の通りです。

  • 公立高校:11.88(授業料(最大))[+0(入学金支援)]+8.08(奨学給付金(第一子))
         =最大19.96万円/年
  • 私立高校:39.6(授業料(最大))[+9.6(入学金支援)]+8.9(奨学給付金(第一子))
         =最大48.5万円/年(初年度のみ58.1万円)

 

文部科学省の調査(関連リンク:子供の学習費調査の結果)によると、

平均の学費は下記の通りです。(平成30年度版)

  • 公立高校:約46万円/年
  • 私立高校:約97万円/年

 

よって、授業料以外も多く費用が発生する高校ですが、

学費の半分程度を補助して貰えるイメージですね。

 

大学生等への優遇措置「高等教育の無償化」:FIRE達成者は概ね対象外

短大や大学生等への優遇措置に「高等教育無償化」が有ります。

この優遇措置の対象となる要件は、下記の通りです。

  • 世帯収入
  • 保有資産
  • 子の学習意欲

上記の通り、世帯収入以外に保有資産額の要件もある為、

FIRE達成者の場合は、概ね本優遇措置の対象外となります。

保有資産額の詳細要件は、下記の通りです。

  • 生計維持者が1人の場合:保有資産1250万円未満
  • 生計維持者が2人の場合:保有資産2000万円未満

〈関連リンク:高等教育の修学支援新制度について(11ページに記載)〉

 

社会保険関係の支援

「住民税非課税世帯」への社会保険関係の支援です。

国民年金保険料の減免

住民税非課税世帯という事は、

ほぼ国民年金保険料の全額免除可能である事を意味します。

〈関連リンク〉

【FIRE達成者&低所得者必見】未納とは別物!国民年金保険料の免除とは
低所得者などに必見! 未納にはならない国民年金保険料の免除について、述べてみた。

 

家族全員分の国民年金保険料の免除申請を行う事で、

約20万円×世帯人数/年 を手元に残せます。

t_t
t_t

これが滅茶苦茶大きいね!

 

国民健康保険料(介護保険料)の減免

国民健康保険料の均等割の減免を受ける事が出来ます。
〈関連リンク:社会保険〈(国民)健康保険〉

私の市町村(令和4年)では、1人あたりの国民健康保険料は下記の計算式です。
※国民健康保険料=所得割+均等割

  • 所得割:(前年の総所得金額等-43万円)×0.1343
  • 均等割:53100円 [減免無しの場合]

 

ここで、下表により均等割の減免を受ける事が出来ます。

均等割の
減免割合
前年の総所得金額等の
同一世帯全員分の合計額
7割43万円+10万円×(給与所得者等の数-1) 以下
5割43万円+10万円×(給与所得者等の数-1)+28.5万円×(同一世帯者数)以下
2割43万円+10万円×(給与所得者等の数-1)+52万円×(同一世帯者数)以下
国民健康保険料の均等割の減免割合とその条件

 

最大の減免を受けた場合、1人あたりの国民健康保険料は下記となります。

国民健康保険料 = 53100円×0.3[7割減免]

 

高額療養費制度の自己負担額が軽減

医療費の自己負担限度額である「高額療養費制度」は、

現役の所得者でも最大10万円未満/月程度ですが、

住民税非課税世帯は、更に下記まで減額されます。

  • 70歳未満:最大3.5万円/月(4ヶ月以上該当で最大2.5万円/月)
  • 70歳以上(外来):最大0.8万円/月
  • 70歳以上(外来+入院):最大2.5万円/月(世帯合計)

かなり助かりますね!

 

がん検診が無料

住民税非課税世帯の方は、

各種がん検診が無料で受ける事が出来ます。

t_t
t_t

年齢条件(○歳以上)だけ注意してね!

 

現金給付など

国や市町村が、現金給付等をする事が有ります。

住民税非課税世帯は、給付の対象となる場合が殆どです。

t_t
t_t

最近だと、岸田総理による臨時特別給付金「10万円給付」だね。

前年度の住民税非課税世帯に毎年給付される見込みだよ。

ただし、課税対象(雑収入)か非課税かは、都度確認しましょう。

 

水道料金が無料

私の市町村は対象外でしたが、

住民税非課税世帯だと水道料金が無料となる市町村も有る様です。

 

 

【注意点(2点)】

①優遇措置を誰も教えてくれない

本記事などの支援制度などに関してですが、

残念ながら誰も教えてくれません。

t_t
t_t

知らないうちに、

優遇措置を逃してるかも…😨。

住民税非課税世帯となったら、

全てにおいて「優遇して貰えるかな?」と思う癖をつけて、

自ら調べたり、市町村に聞いてみたりしましょう。

 

②必ず毎年確定申告を!

確定申告をしないと…

住民税非課税世帯の証明が出来ず

市町村もそれを認識できません。

t_t
t_t

所得ゼロでも、

必ず毎年確定申告しよう٩( ”ω” )و

 

 

【まとめ】

如何でしたでしょうか。

住民税非課税世帯は、

色々優遇されてると解りました!

FIREを目指すのであれば、住民税非課税世帯についても

配偶者と相談し合う事をオススメします。

準備をしっかりして、FIRE生活を満喫しましょう٩( ”ω” )و

 

「FIREを目指す!」という方は、下記リンクからコツコツ行動してみて下さい。

FIRE方法大全「序盤編」
FIREの方法・プロセス(考え方)をギュッと纏めた「序盤編」です。

 

持続可能な幸せを共に追求していきましょう!

 

〈関連リンク〉

FIREと結婚
FIREと結婚について、考えてみた。
タイトルとURLをコピーしました