【謎の激安アクティブファンド現る…”SOMPO-SOMPO123 先進国株式”】投資信託の手数料・経費とは

投資

おはよーさんです! t_tです ٩( ”ω” )و
今日も1日、お疲れもん🍋

今日はコレ、投資信託の手数料・経費についてです。

投資信託の事、

知りたいです!

SOMPOアセットマネジメントによる謎の激安アクティブファンド…

「SOMPO-SOMPO123 先進国株式」(以下”本投資信託”とする)なる投資信託があり、

本投資信託を例に、一緒に投資信託の手数料・経費を学んでいきましょう٩( ”ω” )و

t_tは本投資信託は買っていません(笑)。

個別の商品名が出るのは

珍しいですね!

 

スポンサーリンク

【個別商品名を出す背景】

以前、”アクティブファンドは手数料が高い” という記事を作成していました。

〈関連リンク〉

【あなたも個人ファンド】インデックス運用とアクティブ運用、どっちが良い?
インデックス運用とアクティブ運用、どちらが良いのか、考えてみた。

ところが、信託報酬が激安のアクティブファンドが存在していたんですね(笑)。
〈関連リンク:SOMPO123 先進国株式 | SOMPOアセットマネジメント

t_t
t_t

2021/12に出来たみたいだね。

僕が知らなかっただけで…(笑)。

そのため、本投資信託を例にして、

投資信託の手数料・経費を学ぶ記事を作成する事にしました。

 

【本記事の対象者】

  • 個別銘柄を1つ1つ比較検討するのが面倒な方
  • 投資信託に投資しようとしている方
  • 投資信託の手数料・経費について知りたい方
t_t
t_t

投資信託とは何かは、下記リンクを参考にしてね。

〈関連リンク:何を買ったらいいの?

 

【「個別銘柄」「投資信託」の手数料等の違い】

投資信託より個別銘柄を私がおすすめするのは、

手数料等が安いからです。

では、実際に比較してみましょう。

 

個別銘柄の手数料等(1種類)

・売買手数料(0~0.1%程度)

売買した時のみに発生する「売買手数料」で、

証券会社などの販売会社が決める手数料です。

 

投資信託の手数料等(4種類)

・購入時手数料(0~[概ねゼロ])
 ⇒「目論見書」に記載

購入時のみに発生する「購入時手数料」です。

※本投資信託の売買手数料は、0円です。
〈関連リンク:目論見書.pdf(11ページ目)〉

 

・信託財産留保額(0~0.75%[概ねゼロ])
 ⇒「目論見書」に記載

解約時(売却時)にのみ発生する手数料です。

※本投資信託の信託財産留保額は、0円です。
〈関連リンク:目論見書.pdf(11ページ目)〉

 

・信託報酬(0~3%[投資信託によりバラバラ])
 ⇒「目論見書」に記載

毎年取られ続ける経費の様なものです。

毎年取られるため、重要視されます。

※本投資信託の信託報酬は、0.077%です。
〈関連リンク:目論見書.pdf(11ページ目)〉

 

・その他の費用・手数料(投資信託や運用状況にもよる])
 ⇒年に1度の「運用報告書」に記載

所謂”その他経費”的なもので、同じ投資信託でも毎月異なります。

又、証券会社などの紹介資料などにも含まれていない費用なんです。

※本投資信託のその他の費用・手数料は、現状不明です。

t_t
t_t

本投資信託は2021/12に出来たばかりで、

まだ「運用報告書」が無く、不明なんだ(笑)。

「運用報告書」を見ないと

解らないって事なんですね…😨

 

 

本件についてとても解り易い動画があり、参考にしてみて下さい。

参照元:BANK ACADEMY / バンクアカデミー – YouTube

手数料が4種類も、

面倒臭いですね…。

 

【本投資信託の手数料等】

上記により、実際の本投資信託の手数料等は…

実際の本投資信託の手数料 = 0.077% + その他の費用・手数料(現状不明)
t_t
t_t

実はこの0.077%に関しては、

アクティブファンドなのに、

ナンバーワンと言える安さなんだ。

そうなんですか!

何故有名じゃないんですか?

 

【本投資信託の人気がイマイチな理由】

本投資信託がイマイチな人気の主な理由は、下記になります。

  • 出来たばかりで実績が無い
  • 現状の運用成績がそれ程良くない
  • 分散数が123銘柄と、比較的少ない
  • 実際の手数料が不明 (上記内容)

 

つまり、運用成績がそれ程より良くないのは、

「その他の費用・手数料」が高いのが要因という可能性も有り得るんですね。

よく有りがちな、

「全部、”その他経費”にしておけ」

みたいな感じですか?

t_t
t_t

本投資信託は、

年明け辺りに運用報告書が出るから、

それまでは様子見されてる印象だね。

逆に言えば、もし実際の手数料が安いと解れば、

100銘柄程度の分散数でも良いという考えの方ならば

一躍トップクラスの投資対象に躍り出るかもしれませんね。

※SOMPOアセットマネジメント「コスト低減のために銘柄を減らした」との事。

 

【まとめ】

如何でしたでしょうか。

手数料が4種類も…面倒でしたね(笑)。

 

プロに任せるという事は、手数料等を取られるという事です。

やはりt_tは、最終的には個別銘柄を選べる様になる事をオススメします。

何だかそんな気がしました。

面倒すぎて…。

 

持続可能な幸せを共に追求していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました