【次世代住宅】3Dプリンターマイホーム

経済

おはよーさんです! t_tです ٩( ”ω” )و
今日も1日、お疲れもん🍋

今日はコレ、3Dプリンタによるマイホームについてです。

t_t
t_t

かなり前から世界中で開発されていて、

いよいよかという段階に!٩( ”ω” )و

日本で、こんなニュースが報道されていました。

〈関連リンク:500万円で一戸建てが完成 驚異の技術に世界が注目 – Yahoo!ニュース

 

では早速、3Dプリンターマイホームについて、

毎度シンプルに学んでいきましょう٩( ”ω” )و

 

スポンサーリンク

【本記事で得られる学び】

  • 3Dプリンタによる次世代型マイホーム

 

【結論】

回答:10~20年後には戸建ての主流になりそう(t_tの主観)

t_tの主観ではありますが、3Dプリンタが作るマイホームは、

将来戸建て住宅の主流になるのではないかと考えています。

 

3Dプリンタとは

色々な方式がありますが、そもそも3Dプリンタとは、

予めロボットに3D形状を記憶させ、その形状をロボットが作るものです。

以前、中国で同一形状のパクリ販売が問題になったのも、この3Dプリンタの活躍です(笑)。

家の形状を記憶させて、

ロボットが家を作るんですね😨。

 

おもちゃ程度なら個人でも3Dプリンタを購入出来る様になりました。

実際に購入して使用される方も増えていますので、

実際に製作されている下記動画等を参考にしてみて下さい。(7分の辺りから)

 

開発課題

以前から世界中で開発・試作がされてきましたが、

今迄にも下記などの課題が有りました。

  • 製作時間
  • コスト
  • 材料
  • 安全性

 

・製作時間は、当初何日もかかっていましたが、今回24時間以内を実現した模様です。

・コストは、当初は高額でしたが、今回500万円という一般住宅以下に抑えてきました。

・材料は、詳細は不明ですが、研究が重ねられている様です。

・安全性は、当初は災害に弱かったですが、今回は強度や耐震性などクリアしている様です。

 

 

【まとめ】

如何でしたでしょうか。

個人的には、戸建てのカタログ化できる住宅に関しては、

将来的にほぼ3Dプリンタ住宅に置き換わるのではないかと考えています。

t_t
t_t

品質など、個体差やブレがないのも魅力だよね。

これからコストがどれだけ更に下がるのか、

安全性・品質をどれだけ更に上げられるのか、

開発者の腕の見せ所ですね٩( ”ω” )و

 

持続可能な幸せを共に追求していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました