【そろそろ出稼ぎする?】マクドナルドの最低賃金が3300円に(@米国カリフォルニア州)

経済

おはよーさんです! t_tです ٩( ”ω” )و
今日も1日、お疲れもん🍋

今日はコレ、カリフォルニア州のマクドナルドの最低賃金が3300円にという話題です。

本当ですか…😨。

物価が特に急上昇しているアメリカですが、

賃金も上げる動きが盛んに出ています。

〈関連リンク〉

ビッグマック指数から学ぶ経済
ビッグマック指数について、シンプルに学んでみた。

 

早速ですが、毎度シンプルに見ていきましょう٩( ”ω” )و

 

スポンサーリンク

【ニュース概要】

下記リンクのニュース記事が出ています。

〈関連リンク:ファストフードの最低賃金を時給22ドルに、カリフォルニア州 – Yahoo!ニュース

 

州ごとに政策が行われるアメリカですが、カリフォルニア州にて、

(マクドナルド等含む)ファーストフード業界の最低賃金(時給)を

15ドルから22ドルにという内容です。

最低時給3300円…😨。

※1ドル150円の場合

 

【考察】

本ニュースから、下記の事などが考えられますね。

  • 円安で外国人労働者は日本以外の国に出稼ぎへ
  • 日本の更なる人材不足
  • 一般の日本人もいよいよ、時給3倍以上のアメリカ等に出稼ぎへ
  • 日本の更なる人材不足
  • 円安で企業・工場が日本に帰還する動き
  • 日本の更なる人材不足
  • 人材確保できず、日本の賃金が上がる
  • ゾンビ企業が倒産し、価値ある企業が残る
t_t
t_t

短~中期的には大変だね😨。

 

昔から、火事場の馬鹿力が得意な日本ですから、

これからの日本が楽しみです(笑)。

 

【まとめ】

如何でしたでしょうか。

ニュースでも報道されている通り、

日本はとてつもなく安い国になった事は

十分認識しておきましょう。

t_t
t_t

皆さんは、この変化にどう対応していく?

 

持続可能な幸せを共に追求していきましょう!

〈関連リンク〉

【あなたはどっち?】矛盾する日本個人の円安対策
国や個人が出来る円安対策について、シンプルに考えてみた。
タイトルとURLをコピーしました